名古屋へ

ゆうじろうと名古屋に行きました。
新名神を張り切って通り、快適なドライブを楽しむ事が出来ました(^^)

ゆうじろうもゴキゲン♪(この時デジカメを忘れた事に気付く・・・)
a0088086_0394210.jpg






目的は、以前からとても興味のあった国際セラピードッグ協会大木トオル先生の訓練会に参加するため。

セラピードッグで学ぶマナーって、日常生活で犬と共に生活するうえで、
とても重要な要素が盛り込まれていると思います。
よく「訓練したのですか?」っと聞かれますが、我が家の二匹は訓練所に預けた事もありません。
普段、家で私と躾(マナー)について一緒にお勉強してるだけです。
躾と訓練は私は別物だと思っています。
躾無くして訓練は成り立たないとも思っています。

家族として迎えたからには、家族として穏やかに私達と共に暮らして欲しい。
そうなるためには、二匹にはマナーと安心感を教えてあげなければならないと思っています。
その上で、お互いの信頼関係を築き、そこから初めて共に何か(作業)に取り組む。
これが私が望む形です。

元々、私は二匹の躾にオヤツもオモチャもボールも使ってません。
そんなもので犬から注目され見つめられても悲しいだけです。
大木先生の訓練会も全くそれらのものは使いません。
なので、余計に興味があり、どーしても自分の目で見て納得したかったのです。
いざ参加してみると、期待通りの訓練会でした(^^)
あくまでモチベーションは飼い主。
飼い主の励ましや誉め言葉で犬は喜び励まされ自信に満ちた表情・態度となり、
飼い主も犬も、共に達成感を感じ、そこから生まれる信頼関係。
最初大型犬に囲まれて、私の後ろに隠れていたゆうじろうも、
見ていてドンドン自信が付いているのが分かりました。
最後は笑顔で私の誉め言葉や態度に大喜びでした。
自信と安心感を上手く伝えれてたのだと思います。
何より、そうゆう空気に大木先生がみんなを(犬と飼い主)導いてくれるのです。
だからといって、犬のゴキゲンを伺う様な内容では決してありません。
飼い主が忘れてはいけない事は、頑張るワンコを誉めながら励ましながらも、
犬にとって毅然としたリーダーであると示すこと。
しかし、怒ったり、怒鳴ったり、睨んだり、リードでショックをかけたり・・・・・・
そんな態度は一切しません。
オーラで、飼い主の気持ちで、犬にとって頼れるリーダーになる。
やはり根本はそこなんだな~っと思いました。
これからも開催されれば参加したいと思っています。
とても心温まる訓練会で本当に良かったです(^^)

大木先生と
a0088086_1184978.jpg

[PR]
by suzumechin | 2008-10-13 00:00 | レッスン
<< 実家へ 海辺をブラブラ >>