水位25cmとの戦い

chieちゃんのブログで六一〇ハップ行水がupされてた。
ゆうじろうが胸の辺りから前足にかけて痒がってて、毛も薄くなって赤くなってるので、
「ゆうじろうなら浸けれる♪」っと、早速我が家も六一〇ハップ行水(^^)
浴槽で六一〇ハップを張る勇気が無いので、プラ舟を買ってきた。
ついでに暑いしチョット水遊びが出来ればなぁ~っと、
700×1000のプラ舟を購入~(^^)♪ ←暑くてワンズとのお出掛けが無いのでヒマな飼い主。

六一〇ハップを入れる前にチョットお遊び。
期待通りのゆうじろう(^^)
a0088086_23302754.jpg

入り方も上手になった(笑)
a0088086_23321538.jpg

a0088086_23323675.jpg

顔もなんなく浸けてボール回収。
a0088086_23342779.jpg

そのうち勝手に放り込んで遊びだす。
a0088086_23354769.jpg


すると今までウッドデッキから「あんたらアホや!」みたいな顔で眺めてたバキが下りてきた。
a0088086_23374581.jpg


バキが遊べる様な水位じゃないから、六一〇ハップを入れたら浸けようと思ってた。
そろそろ六一〇ハップを入れて・・・ゆうじろうを浸けてやって・・・・・



っと、簡単気に思ってた私が甘かった(;¬_¬)

砂利に下りてきたバキに、普通に「バキおいでぇ~♪」っと言いながらチラっと見ると・・・。

目を真ん丸にして、
地面とお尻がボンドでくっ付けられた様な見事なオスワリで、
「俺を殺す気かぁーーーっ!」
「動物愛護団体に訴えてやるぅーーーっ!」
的なオーラを放ちながら、
「動かせれるもんならやってみろぉーーーっ!」
っと挑戦的な口元。 見事に真一文字に食いしばってる。

いや、ウソやろ・・・(゚∀゚;)
いや、ホンマに・・・(゚∀゚;)
いや、こんな浅いんやで???
いや、チョット待って!
ウソやーーーん!

ホンマかいな!っとビックリしつつ、
こんな時に無理強いしてはいかん!
慰め誉め誉め作戦だっ!!

もう暑いからな、余計な汗かきたくないねん。な。バキ。
お互い無駄な体力使わずに済む様に、すんなり済まそうや。
な。バキ。(ニコニコ♪)
た~のしぃ~よぉ~ヽ(´∀`*)ノワーィヽ(*´ω`)ノワーィ っと、ゆうじろうとはしゃいでみる。

「お前のその手に乗るもんかぁーーーっ!」
「きっとボクが入った瞬間に、底がズコーンとぬけるんやろ!知ってんねーん!(涙)」

あれ?こんなとこに・・・あれ?
ジャジャーン!バキっちの大好きなオモチャが入ってたでぇ~!
(と言いながらお気に入りのオモチャを水から出してみる)

「うぉぉーーーーーっ!オーマイガァーッ!」
「ボクのお友達になんてことをぉーーーーっ!ヒドイ!スズちゃんヒドイよ!」
(門扉にへばりつく)

いやいや。ゴメンごめん!(焦)
これはほな無しってことで(汗)
ほな入らなくて良いからな、そこ暑いからウッドデッキのマットに移動してくれる?
(カンカン照りの砂利の上)

「ほなソレどけてよっ!怖くて横通れへんもん!」

いや、さっき来てたやん!
通ってたやん!
てか、あんたとのこのやり取りがメチャ暑いねーん!
(その間ゆうじろうは独り占めのボールを咥えてプラの中を出たり入ったり満喫中)
もうバキそこおったらええやん!
ゆうじろうと上がるからな!
(ゆうじろうを抱えてウッドデッキのマットに移動。楽しくゆうじろうとボールで遊ぶ)

「・・・・・・・。 ぼくも・・・ソッチにいくぅーーーーーっ(;→ω←)」
(思い切ってダッシュでプラの横を駆け抜けてくる)

ハァハァハァハァ・・・・・(;→ω←)

う・・・ウザイ・・・暑苦しい・・・・(;¬_¬)

もうバキは諦めて、ゆうじろうをまた浸けて遊んでると、ウッドデッキから寂しそうに眺めてる。
しばらくして黙って顔を見ずに左手をバキの方へ差し出してみた。
右手はゆうじろうと遊びながら。
すると、ジワジワっとウッドデッキの端まで近寄ってきてる(゚∀゚)!
タイミングを見計らって
「ヨシ!来い!」っと言うと、その声の勢いでビョーンと飛んで下りた!
すかさず
「あとぉーーーーっ!」
すると通り過ぎずにチョンと左横へ(゚∀゚)!
↑この時点で自然とプラ舟の横(笑)

もう私のTシャツは汗でビシャビシャ(泣)
あと一息!頑張れスズメ!頑張れバキ!
ここまできたなら入っちゃおうよ!
ってか、ほとんどお互い罰ゲーム状態やん(汗)

ここまで格闘すること数十分・・・・。

やっと入ったーーーっ(T∀T)
a0088086_0164577.jpg

しかもなんとも情けないこの顔(笑)
立ったまま座らないから、カラーを持って座らせた。で、そのまま固まってる(笑)

数分後、ちょっと余裕が出てきた。
a0088086_0192876.jpg


チョットの時間で「おいで♪」で出してやってたら、なんとかプラの横でも普通に居れる様に。
でも自分からは「入って」と言うても入れない。
4本脚を軸に「入るべきか・・・止めとくべきか・・・」前へ後ろへ体を振り子の様にインゴインゴ(笑)
そこをチョイっとカラーに人差し指を掛けて前に押してやると、チャポン♪と入っていく。
その繰り返し。
その度、私の太股にピチャっと首をくっつけてる。
もう死ぬか生きるかの大事だっ(゚∀゚;)

でも大丈夫だと分かり始めると笑顔も出てくる(^^)カワイイ♪
a0088086_026263.jpg


ちょっと待っててね!っとタオルを取りに行ってる間も浸かってられる(情けない背中。笑)
a0088086_0271424.jpg


座って!と言うても軽くお尻を押してやらないと座れなかったのが、自力で座れた(^^)
a0088086_0283692.jpg


ちょっと↑より顔も余裕が出てきた(笑)
a0088086_0291992.jpg


だけど覗いてみると・・・
a0088086_0295295.jpg

お尻ちゃんと付いてないしっ!(笑)

とっても頑張りましたっ!
キレイになったし、お尻のカイカイも良くなるといいのにね(^^)

てかな、
たかが水位25cmの行水でな、
こんなに話が引っ張れるってどーよ(;¬_¬)
みなさん長々とお付合い有難うございました♪


もっと誉めてほしいなぁ~。
a0088086_0331032.jpg

[PR]
by suzumechin | 2008-07-23 00:36 | BAKI&ゆうじろう
<< バキの・・・・・ カスを狙うオトコ >>