ほめられちゃった

a0088086_22242197.jpg

                      ちょっと得意気です。ぼく。


おさんぽであったガウガウゆってるおともだちに
ぼくはガウガウいわずにすわってまったよ。
スズちゃんなんにもいわないよ。
ちゃーんとぢぶんでかんがえたんだ~。

えらいでしょ(*^ω^*)♪

いっぱいほめてもらったよ。
いっぱいスズちゃんとわらったねん。

でも・・・なんでかボケ~っとしてるだけのチビ助もほめられてた。
(; ̄ω ̄)ガンバッタノハボクナノニ・・・




バキは1歳過ぎた頃から、売られたケンカを買う様になってん。
売られなきゃバキがガウることは無い。それはえらい。
でも、売られたケンカを買うのは私への信用もない証拠。
よく『牡だからしょーがない』とか『キン○マ取ったら良い』とか言われたけど
そんな問題じゃないと思うねん。飼い主を信頼し全てを委ねることが出来ないからだと、
ずっとそう思って頑張ってきた。バキが一番安心して頼れる相手になりたかったねん。

初めてガウった時はビックリした。
それまでガウられたら後ろに隠れてたから
『なんてヘナチョコ犬や』っと思ってた。
『初心者の私にはちょーど良いやぁ~』ぐらいに。
だからガウデビューはかなりショックやった。

デビュー戦で華々しく散ったバキは、次はもっと早くに
相手のガウりに反応するようになった。
その日を境に、スズメとバキの仁義なき戦いが始まったのであ~る・・・

わざわざガウって歩いてる犬を見つけては、通り脇にバキを脚側につけ
必死になってあの手この手で頑張ってきた。
【もちろん、それを頑張っただけでやらなくなるわけじゃない。
普段から、バキとの良い関係を築けるように努力した。】

そのうち『ガウらなくなる時もある』って時期がきて、
『家の前(バキのテリトリー)はガウるけど、後はなんとか大丈夫』って時期がきた。
この上記の進歩も嬉しいことだけど、まだ『ボクが譲ってやってる』に過ぎない。
だって、ガウるとことガウらないとこをバキが判断してるのはおかしい。
それはまだバキが主導権を握ってる証拠だと思う。
それにケンカを買わずガマン出来てる時は、ず~っと私が声掛けで指示を出してる。
ガウってる相手が通り過ぎるまで『ダメよ!待てよ!座れ!』なんて言いながら。
声掛けを止めた瞬間にガウり返しに行くことも。
結局は、指示に従ってるだけの『訓練』と同じことやと思う。

そんなこんなを考えながら、いつものレッスンや家での生活でバキと向き合ってきた。
で、最近はカフェに行っても『ここにいればえぇの?』みたいに落ち着いていれる様になった。
なんとなく変わってきてる気がした。
で、今日の夕方のお散歩で、しょっぱな家の前でガウガウ犬と遭遇~(><;)
私が立ち止まるといつもの様に横に座ったバキ。
で、私は最近のバキに賭けてみることにしたっ!
リードを短くシッカリ持って、何も声掛けせずに黙って通り過ぎるのを待つ。
するとバキは・・・・

かちこーーーいっ(。→∀←。) 立つことなくガウることなく隣で座ってる~~~(。→∀←。)

めちゃくちゃ嬉しかった。めっちゃぐちゃにっ♪♪♪
それから2匹ガウる犬と出会った。一匹はメチャ狭い道で。
でも今日は大丈夫だった。以前の様に声掛けしなくても無言で大丈夫だった。

でも、まだ課題はある。これで完璧ではないねん。
だって、通り過ぎた後のバキは『長時間潜水して、やっと水面に顔を出したとき』みたいに
フンハァーーーーッ(=`(∞)´=) フーフー!! って感じやねん(笑) まだいっぱいいっぱい(笑)
でもこれ見てると『頑張ったねぇ~』っという気持ちになって、すごく可愛く見えた←親バカ
だから返り咲くのも早いと思う。私の気持ち次第で(; ̄▽ ̄)

やり過ごした後のバキを、今まではバキ任せにちゃんとさせようとしてた。
これも間違いだと気付いたので、今日は通り過ぎた後、バキが振り返る前に
気持ちの切替として、褒めながら違う行動を指示してみた。
なかなか良かったので、私も一つバキと一緒に成長出来た(*^ー^*)

こんなに書いたけど私って、そんなに生真面目に必死に取り組めるタイプじゃないです(笑)
怠ける日も(多々?)あるし、やっぱり可愛いから甘やかしてる時も多々(胸を張って)ある。
だからこんなに時間がかかってるのかもしれないけど、それで良いと思ってるねん。
・・・えぇんでないかい?(; ̄▽ ̄)アカン?甘い?

な~んにも訓練が出来んかってもえぇねん!
ガチガチに軍隊みたいに横を歩かなくてもえぇねん!
結果私の横で楽しく身を委ねて笑ってくれてたらえぇねん!
だから焦らず今まで通りのペースで一緒に頑張ろうと思う。
[PR]
by suzumechin | 2007-08-26 23:51 | BAKI&ゆうじろう
<< 珍しくボク不調です。 訓練所へ >>